家族葬は現在人気が高まってきて選ぶ人が増えている葬儀のスタイルとなっています

自分たちの形でできる

葬儀会場

宗教や宗派に合わせて葬儀をおこなう場合、いろいろとルールやしきたりを守っていく必要がありますが、家族葬の場合はそうではありません。参列者も基本的には家族と親族だけで、ごく近しい関係者だけとなっているので、しきたりとかに囚われる必要はありません。家族の考えや故人の希望に沿った形の葬儀をおこなうことができるのも、家族葬を選ぶ大きなメリットだといえます。また、葬儀自体はそのスタイルにもよりますが、案外慌ただしく、故人とゆっくり向き合うことができない場合もあります。しかし家族葬であれば自分たちでいろいろと決めることができるので、故人と別れる時間をたくさん作ることも十分可能です。もちろん限られた数の参列者のみとなっているので、多くの参列者に対して対応する必要もないため、家族の負担を軽減することもできます。もちろん費用なども抑えることができるので、自分たちの無理のない範囲内でおこないたい葬儀を執りおこなうことができるのも家族葬の魅力です。

小規模におこなえる葬儀

喪服の男女

葬儀は多くの人が集まれば集まるほど大規模なものになり、用意する会場も大きくしていかなければならなくなります。その点家族葬は家族、親族、さらに本当に親しい友人などだけが参列するものとなるので、それほど広い場所を必要とするわけではありません。そのため、現在では自分たちに合った葬儀をおこなうことができるということから、家族葬を選ぶ人が増えている状態となっています。葬儀のスタイル自体は自分たちの好きな感じにある程度設定することができ、宗教宗派を気にする必要はほとんどありません。また料理や返礼品の準備をする必要はありますが、その自由度もかなり高くなっており、遺族が自分たちで判断していろいろと決めることができます。参列者の人数をある程度あらかじめ把握しておくこともできるので、葬儀の費用を抑えることができます。また、家族葬自体は近親者でおこなうものとなっていますが、どの人まで連絡するのかという決まりは全くありません。したがって、家族や親族だけに連絡する形でももちろん問題ありませんが、故人と親しかった友人などに参列をお願いすることももちろんできます。ただ多くの人が訪れるとそれだけ規模が大きくなっていくので、声をかけた人の数によってある程度葬儀の規模が変わっていくというのも念頭に置いて計画を立てるようにします。現在では家族葬を多くおこなっている葬儀社も増えてきているので、事前にいろいろと相談に乗ってもらうことも可能です。

広告募集中